保健師に転職するコツ

看護師から保健師に転職する人は意外に多いのですが、なぜ保健師に転職しようと思ったのでしょうか。実際に看護師から保健師に転職した3人の先輩の体験談を紹介します。保健師への転職を成功させたいならいくつかのポイントを押さえておかなければなりません。「転職したい」という強い気持ちは大切ですが、闇雲にアピールしても必ず成功に結びつくとは限りません。ここでは転職を成功に導くポイントをひとつずつ分かりやすく説明していますので参考にしてみてください。

先輩たちの転職体験談

先輩たちの転職体験談

看護師から保健師に転職する人が増えていますが、保健師は活躍場所によって仕事内容が異なり給与も違うため、「保健師として働きたい」と漠然と考えているだけでは転職に失敗してしまうでしょう。なぜ保健師として働きたいのか明確な目的を持って行動することが大切です。そのためには保健師を目指す理由を明らかにしておかなければなりません。ここでは看護師から保健師に転職した3人の先輩の体験談を紹介します。保健師に転職した背景を詳しく知れば転職先選びの参考になるはずです。

続きはこちら

転職のコツ「求人動向をしっかり確認する」

転職のコツ「求人動向をしっかり確認する」

保健師は求人数自体が少ないため、転職したいと思ったタイミングで必ずできるとは限りません。数少ない求人の中から自分に合う職場を探すなら転職エージェントの力を借りましょう。一般には出回らないような内部の情報にも精通しているため、採用に至る確率がアップします。転職エージェントはたくさんありますが、おすすめは業界トップクラスの求人数を誇る「看護のお仕事」です。自分のペースで進めたいなら医療系の求人サイト「APOPLUS保健師・看護師」や公務員情報に特化した「公務in」がおすすめです。

続きはこちら

転職のコツ「社会人に必要なスキルを身につける」

転職のコツ「社会人に必要なスキルを身につける」

行政機関や教育機関、企業、と保健師が活躍している場所はいろいろありますが、それらの場所で必要なマナーと病院内のマナーは異なるということを理解しておきましょう。病院内で看護師として働いていた時はOKだったことも企業ではNGになる場合があります。特に言葉遣いや服装・メイクは目につく部分ですので、転職前に正しい言葉遣いを身につけ、TPOに沿った服装を意識するようにしておきましょう。また、保健師の業務は基本的にパソコンで行っているため、パソコンスキルも必要です。

続きはこちら

転職のコツ「応募書類と面接対策は万全に」

転職のコツ「応募書類と面接対策は万全に」

転職を成功させたいなら、自己分析と業界分析をしっかり行った上でアピールすることが大切です。保健師は活躍場所によって仕事内容が異なるため、求めている人物像もそれぞれ違います。自分の強みがその職場で活かせるかどうかをしっかりと確認してから応募するようにしましょう。また、採用担当者にアピールすることは大切ですが、見当違いのアピールをしていては意味がありません。採用担当者の琴線に触れるような応募書類を作成し、意欲を面接で伝えるといいでしょう。

続きはこちら

保健師は看護師の転職先として大人気

  • 保健師に転職するコツ 先輩たちの転職体験談

    保健師は活躍場所によって仕事内容が異なるため、「どこに転職したいのか」を明確にしておくことが大切です。3人の先輩の体験談を参考に、自分の希望する職場はどこかあらためて考えてみましょう。

  • 保健師になるには? 「看護師」と「保健師」の資格が必要

    保健師になるには看護師免許と保健師免許を取得しなければなりません。どちらも国家資格のため勉強は大変ですが、保健師を目指すなら避けては通れない条件です。保健師の資格を取得するルートを2つ紹介します。

  • 心と身体の健康を支える仕事 地域の人々の健康を守る

    保健師とはどのような仕事なのかを分かりやすくまとめています。保健師は働く場所ごとに種類が分かれ、仕事内容も異なります。ここでは保健師の代表例として「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」の3つを紹介します。

特集メニュー