転職のコツ「求人動向をしっかり確認する」

転職のコツ「求人動向をしっかり確認する」

まずは求人動向を確認

看護師と比較すると保健師の求人数はかなり少なめです。保健師の資格を取得している人が看護師に比べて少ないこともありますが、求人自体がそれほど多くないのが大きな理由です。安定しており、ワークライフバランスが取りやすい保健師は入職・退職の入れ替わりがほとんどないため、求人そのものが非常に少ないのです。

転職エージェント

数少ない保健師の求人を探すなら、一般には出回らないような情報にも精通している転職エージェントがおすすめです。会員登録している人にしか紹介されない非公開求人を確認できたり、専任のアドバイザーから書類添削や面接対策といった転職支援が受けられたり、と転職活動が有利に進むようサポートしてくれます。また、さまざまな相談にのり、カウンセリングも行っているため、不安や疑問を解消しながら転職活動を進められます。転職エージェントは数多くありますが、当サイトがおすすめするのは看護師の転職に特化した「看護のお仕事」です。掲載している医療機関や事業所と密にコミュニケーションを取っているため、働いてみなければ知り得ない細かい情報を事前に知ることができます。

プロのキャリアアドバイザーがあなたのご希望の条件を丁寧にヒアリングし、事業所とのマッチングも考えながら求人を提案するため、理想の転職を叶えることができます。

看護のお仕事より引用

医療系の求人サイト

求人情報を比較しながら確認したいなら、医療系の求人サイトを活用するといいでしょう。転職エージェントのようにアドバイザーがついてサポートするわけではありませんが、自分のペースで進められます。他人の意見に左右されず、納得がいくまで検討してから応募したい人におすすめです。求人サイトはすべての職種を対象にしたところ、ある職種を専門的に扱うところ、といったように多種多様にありますが、保健師と看護師に特化した「APOPLUS保健師・看護師」ならはじめから職種が限定されているため、より細かい条件を入力して探すことができます。

医療専門として四半世紀の実績で医療機関や企業と太いパイプを持ち、他社にはないアポプラスだけの限定求人を多数取り扱っています。

APOPLUS保健師・看護師より引用

自治体の情報を直接チェックする

保健師の半数以上が市区町村などの自治体で活躍しているため、行政保健師の求人を探す人も多いのではないでしょうか。しかし、行政機関では必ずしも毎年人材を募集しているわけではありません。募集していない年もあるため、タイミングが合わなければ求人情報そのものを目にすることすら叶わないのです。まずは都道府県や市区町村のオフィシャルサイトで職員の募集がないか確認してみましょう。オフィシャルサイト以外に広報誌などに情報を掲載している場合もあります。タイミングを逃さないように積極的に情報を取得しにいくことが大切です。保健所や保健センターは地域に根ざした活動を行う公的機関です。地元の求人を扱うハローワークでも求人情報を得やすいのですが、直接足を運ばなければならないため時間と手間がかかります。しかし、公務員の情報を紹介しているサイトなら時間や場所を問わずいつでもチェックできます。

「公務in」は国家公務員、地方公務員、みなし公務員(準公務員)などの試験情報や募集求人を掲載している、公務員試験情報サイトです。

公務inより引用

保健師は看護師の転職先として大人気

  • 保健師に転職するコツ 先輩たちの転職体験談

    保健師は活躍場所によって仕事内容が異なるため、「どこに転職したいのか」を明確にしておくことが大切です。3人の先輩の体験談を参考に、自分の希望する職場はどこかあらためて考えてみましょう。

  • 保健師になるには? 「看護師」と「保健師」の資格が必要

    保健師になるには看護師免許と保健師免許を取得しなければなりません。どちらも国家資格のため勉強は大変ですが、保健師を目指すなら避けては通れない条件です。保健師の資格を取得するルートを2つ紹介します。

  • 心と身体の健康を支える仕事 地域の人々の健康を守る

    保健師とはどのような仕事なのかを分かりやすくまとめています。保健師は働く場所ごとに種類が分かれ、仕事内容も異なります。ここでは保健師の代表例として「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」の3つを紹介します。

特集メニュー